ロボコース

ロボット教室とはアドバイザーカリキュラムコースよくあるご質問体験

コース紹介

プライマリーコース(5歳児~)

およそ6か月間で、「集中力」「達成感・自信」「文字を読む力」「数を数える力」の4つの力を養い、ロボット製作に夢中になるうちに、自然と小学校からの『学ぶ力』を育てる下地がつくれるようにします。

ベーシックコース (小学1年生程度~)

ロボットの基本的な仕組みや組み立て方を学習するコースです。
年長組~小学中学年向けの難易度となっています。
月に1体、全18体のロボットを作り上げます。
組み上がり後はロボットの改造を進めていきます。

ミドルコース(小学生~)

ベーシックコースよりも発展したコースになっています。
小学低学年~小学高学年向けの難易度となっております。
月に1体、全18体のロボットを作り上げます。
組み上がり後はロボットの改造を進めていきます。

アドバンスコース(小学高学年~)

*ミドルコース卒業後に受講できるコースです。
オリジナルロボットキットに光センサーや音センサーが加わり、より高度な動きをするロボットを製作しています。また図面1枚でロボットを完成させていき、様々なセンサーの特徴を理解し、ロボットを思い通りに動かすコツを身に付けていくことで科学へのさらなる興味が深まります。

ロボティクスプロフェッサーコース(アドバンスコース卒業生or中学生

今秋開講予定のコースです。
3か月ごとに異なるロボットの製作とプログラミングを学んでいきます。
対象はアドバンスコースの卒業生もしくは中学生になります。
ロボット工学博士・エンジニアを目指す子どもたちが、本格的な専門知識を学べる新しい講座です。
大学のロボット研究所が全面協力し、将来のロボット博士養成を目指した英才教育を実施するのは日本で初めての試みです。